読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

7番劇場

京都、映画、音楽、サッカーなど

【ベルギー旅行記】1日目

旅行

8月29日〜9月5日にベルギーに行ってきました。6泊8日の日程で現地滞在日数は5日とちょっと。2人旅です。出発前には、なぜベルギーを選んだのかと職場で聞かれたりしましたが、理由は小さい国で一つのところに滞在しながらいろいろな都市を周れそうだったこと。ベルギーに行ったことのある人の話を聞くと、ドイツやフランス旅行のついでに1日だけと言うパターンが多かったですが、行ってみるとベルギーにこれだけの日数を取ったことは正解でした。ということで、今回からしばらくベルギー旅行記を書いていきます。興味のある方はご覧ください。自分の記録用でもあるので、冗長なところもあるかもしれませんが。

 

宿泊先へ

 

今回は関西国際空港からKLM航空を利用しアムステルダム経由で行きました。飛行機の予約時点では後方左の2人席だったはずなんですが、チェックイン時には3人席の奥になってしまったのが残念で、通路側には185cm以上はありそうなオランダの男性。なかなかトイレに行きづらいのが難点でしたが、常にコメディ映画を観ていたのか、5分に1回以上は「ワハハハ」と声を出して笑っていて、日本では見ない光景のため、早くも海外旅行気分を味わうことができました。

 

アムステルダムスキポール空港に着くと当然ですがそこは海外。空港に着いた時の海外来た感が結構好きです。とは言え目的地はここではないので、入国審査をして次の便へ。 ここで乗ったのは一列4人の小さな飛行機。出発から到着まで45分とのことでしたが、実際に飛んでたのは20分ほどで、すぐにブリュッセル空港に着きました。

f:id:tomk59:20150922024631j:image

そして荷物を受け取り宿泊先へ。ちなみに今回の旅は、観光だけでなく現地に住む方の生活を少しでも体験することも目的にしていて、ホテルではなく、個人が持っているアパートの一室を借りて滞在しました。TripAdvisorで探したところ簡単に良さそうな物件が見つかり、事前にオーナーのエレナさんとメールでやり取りをして。その際、交通手段としては電車やバスもあるけれど、Autolux社のタクシーが一番良いと聞いていたため、その通り従うことに。空港のタクシー乗り場のスタッフにAutoluxのタクシーに乗りたいことを伝えると、後方で待っていたタクシーを呼んでくれ、無事乗車。運転手に住所を見せるとそのまま走り出しましたが、往復で乗ると割安になるとも聞いていたため、そのことを伝え車内で帰りの便も予約しその場で先払い。事前に調べたところ、ボッタクリタクシーも少なからずいるようなので、Autoluxを利用するのが無難かもしれません。

 

そして無事目的地には着いたんですが、アパートのベルを鳴らすも誰も出ず。エレナさんはブリュッセルにいないと聞いていて、ハウスキーパーが対応するとのことだったんですが...ただ、幸いにも事前に聞いていたwifiのネットワークに外にいながらも接続できたため、メールでエレナさんに連絡するとすぐに着くとのこと。5分程で、ハウスキーパーの女性がやってきて無事入れました。

f:id:tomk59:20150922123023j:image

部屋はTripAdvisorに掲載されていた写真通り良いところで、食洗機や洗濯機も完備。事前に代金の20%をPaypalで払った上で、残りは現金で払う方式だったんですが、ハウスキーパーの方はそう理解していなかったらしく、思っていた金額と違う金額が提示されたのは少し困りました。その方はポルトガル語、スペイン語、フランス語ができるが英語はできないと聞いており、その通りコミュニケーションが少し大変で。ただ、事前にエレナさんと金額を確認したメールを見せると納得できたようで無事支払いも済ませられました。

f:id:tomk59:20150922024707j:image

この時点で午後7時40分でしたが、夜ご飯を食べに行くほどの体力がなかったため、8時まで開いている近くのスーパーまで走ることに。現地のスーパーに行くのも海外旅行の楽しみでもあったりしますが、この時は時間がなかったため、レトルト食品やチーズ、ヨーグルトなど必要なものだけ見て購入。自分たちが最後でしたが、8時丁度に閉まりました。都市部であればコンビニが24時間開いているのが当たり前な日本とはだいぶ違いますが、24時間空いてなくても良いのかなとも思ったり。そして家に帰り食事をして、シャワーを浴びて就寝。7時間の時差分長かった一日が終わりました。

 

続く。

 

tomk.hatenablog.com