読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

7番劇場

京都、映画、音楽、サッカーなど

京都サンガF.C.対モンテディオ山形(2017J2第1節)

スポーツ

 第2節が始まる前に書こうと思っていたけど下書きのまま放置してた。そして気付けば第3節まで終わってた。すごい今さらだけどせっかくなので。

f:id:tomk59:20170315184546j:image

 2月26日に京都サンガの2017年開幕戦を見てきた。場所はホーム西京極。いつもはメイン自由席かバック自由席で見ることが多いけど、今回は新しく加入した選手を近くで見たくて指定席を取った。それから初めて買ったユニフォームを着て。13番の高校生ルーキー岩崎のもの。高校生ナンバーワンフォワードとの声があったとしてもルーキー。ベンチに入るかも分からなかったが、メンバー発表を見て無事ベンチにいることを確認した。昨シーズンいなかった選手でスタメンに入ったのは闘莉王、ハ・ソンミン、湯澤、大黒。ベンチはほとんどが新加入選手で、岩崎に加え、仙頭、望月、小屋松、ケヴィンオリス。牟田も昨シーズンは手術をして試合に出れていなかったのでほぼ新戦力と言っても良い。また監督も今シーズンから布部監督に交代。レイソルU-18の監督を少しだけ務めた経験もあるようだけど、Jリーグの監督はデビュー戦。

 システムは去年の4バックから3バックに変更し3-4-2-1。3バックは、本多、闘莉王、染谷。ダブルボランチにハ・ソンミンと吉野。個人的には吉野がレンタルながら残ってくれたのが嬉しい。昨シーズンは途中からの加入だったので今年は1年通して見たい。WBにレイソルからレンタルで来た湯澤と石櫃。湯澤は右SBと聞いていた気がするので本来は右サイドが得意なのかもしれない。で、2シャドーは左にイ・ヨンジェ、右にエスクデロ。そしてトップに大黒。

 試合は前半は全くと言っていい程面白くなかった。相手の3トップに蓋をされてディフェンス3人から前へ繋げず苦し紛れに大黒めがけて縦にポーン。大黒もフィジカルで勝負するタイプではないのでボールをキープできず失って相手ボール。みたいなシーンの繰り返し。そして前半のうちに左サイドを崩されてクロスから失点。そして後半にも更に失点。ただ、その直後に、岩崎と仙頭が二人同時に交代出場してJデビューを果たしたのは良かった。なぜかそこからチームの運動量も上がり、仙頭がボールを散らし、岩崎が縦横無尽に駆け回っていた。その後交代で入ったケヴィン・オリスはただ大きいだけではなくポストプレイもうまくこなし、終盤間際には岩崎の左サイドからクロスにあわせて1点。そして1-2で敗戦。やはり石丸監督のままで良かったのでは…と何度も思ったけど、交代で入った選手が活躍していて今後に期待できそうな気もする。と言うかこの3人がスタメンで良かったと思う。まあ監督も初めての経験な訳で今後試行錯誤していくのでしょう。